blog


サイト管理人のブログです。

ブログページ

新しいサンプル用のケース


これは指輪ケース  なかなか良い出来だ。オーダーメイドで本革で作ってもらいました、なので高級感もあるね。

当工房では遠方への結婚指輪の販売もありますので確認用の指輪サンプルを発送することが多く、時には行ったり来たりと・・・ありましたので、新薄型の指輪のケースを作りました!

これはレターパックで送ることができますので、安全にリーズナブルにそして早く目的地につきます。

結婚指輪をつくるなら山梨のアトリエビエンラ でした。

2019年3月26日

合成ダイヤモンドが広がりをみせていますね

合成ダイヤモンドと聞けば

一昔前は研磨剤といったイメージを持つ人が多いんじゃないかな

国内では今年の国際展示で超大手が本格的に販売してきたので、注目されました。

数年前からすでに買取で合成がきたとか(その場ではまず100%天然か合成かは解らないⅠ型のダイヤであればの合成判定する機械は店頭用に商品化させてはいますが・・)
鑑定機関に持ち込まれたとか そんな話しは聞いていたんだけどね

メレダイヤなんかは少し前からは実際のところ合成がまじっているんじゃないかなとほんとのところ思います、なので信頼する経路からの仕入れにするほかすべはない。
1mm程のダイヤをすべて天然、合成を鑑別するのは現実的じゃないしねでも  まとめて効率よく安価にダイヤの価格の1割プラス程度で天然保障ないし、混じってないですよと言える最低口頭保障がつくような全体的な流れ基準にしていかないと・・

合成の大きな粒の価格は天然の半分くらい これが 安いか高いか・・・
着けていてあなたこれ合成ダイヤモンドね なんて 絶対解らないし 身につける人次第なんだよね
でも 私個人的には 価格が 半分程度は高すぎると思います・・これから価格はどうなるかはわからないけども。

私は 婚約指輪につかうダイヤでいえば やはり 天然だよ
地球が億年以上かけて育んだ結晶これに意味と価値、心付く と思うんだよね。

 

2019年3月3日

指輪のベース

おはようございます。

フゥ ようやく指輪のベースがやっとできました!

そう言えば

なんかふと思い出した

18年位前に有名ブランドのsilverのブレスレットの長さを短くしたくて、あるシルバー屋さんに出したことがあったんだけど、その加工には溶接が必要で

たしか千円もしなくて今でも安いと思うんだけど

それで出したんだ

そしたら 長さはばっちり!でも燻して黒く磨かれていたブレスレットは真っ白くなってかえってきたんだよね

その時はなんにも知らないから火をいれるとそう言う物かなと思ってたんだけど。

それから 18年後

で今日ふと思い出した

なんで白くなっていたところを(シルバーは溶接後に酸洗いをすると真っ白になる)燻して磨かなかったんだろう

いまでも謎なんだよね、お金がなく安くお願いした気もするけど。

今思えば自分だった説明なく真っ白くなったまま渡さなかったなぁなんて

なんかふと、そんなことを思い出した。

お代が今の自分でも信じられないくらい安いので なんかなぁー いろんな部分で勿体無いそして 勉強になるなぁと。

2019年2月25日

パソコン2台 モニター3枚

先日 お客様から パソコン設備をみられて 株のトレードでもされているんですかと聞かれました・・!なるほど 確かにそんなイメージですよね。

加工職人なのにパソコン業務のほうが多いんじゃないかってくらい使うので
一台は雑用ようのパソコン
2台目はCADモデリング用と切削機専用のパソコン とくに切削機を動かしているときに他の事を考えて欲しくないための2台目!

何かと モニターが多いほうが便利で壁全面モニターでもいいのです。

 

2019年2月5日

手打ち槌目の結婚指輪

ピカピカの金槌気持ちがいいですねー

実はこれが大事なんです…。

ここのところデザインは違えど立て続けに数組のお客様が槌目の結婚指輪をお選びになりました。

んーなぜでしょう?

最近 色んな槌目の種類をサンプルで用意した為だろうけど…

槌目には一つ一つ自然な風合いがいいんでしょう。

ちなみに他様で槌目風と言うのが案外沢山あります!それはヤスリ等で削ってそうしたものや元型に槌目がついたものまで、手打ちの槌目のよさは一つ一つ表情が違う点と専用の唐紙槌という金槌で打ち込んでいくことにより素材がしまり耐久性と表面の状態が向上します。

是非手打ち槌目の結婚指輪はいかがでしょうか?

2019年1月19日

朝はここから地金の用意

おはようございます。

朝一は金やプラチナを溶かして

角材にしてと…

ジュエリー工房ではこれがよくある朝の風景。

さて今日も1日頑張りましょう。

2019年1月15日

2019年もよろしくお願い致します。

本日から本格的に工房が動き出しました。

2018年はネットショップからのお客様がとても増えて今までとは違ったお客様層からの御注文にとても新鮮な発見をすることが出来ました。

さて2019年は何から手をつけていこうか…やりたいことが物凄く沢山あります是非ご期待下さいませ。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。アトリエ ビエンラ 代表 宮崎

2019年1月7日

槌目結婚指輪をwebショップに追加しました!色々選べるセミオーダーです。

ネットショップ限定で人気の槌目の結婚指輪を発売致しました!

指輪の製造方法や太さなどは選ぶことができないですが、槌目の種類、素材など自由に選ぶことができます、リーズナブルな設定なので、たまたまこの記事をみた槌目の結婚指輪が気になっていた方この機会にいかがでしょうか?

1打1打唐紙槌で槌目をつけているから、一本一本同じではない、そんな自然の風合いが心地の良い指輪 金属ではありますがほんわか温かさを感じるデザインですね。

→ネットショップはこちら← 槌目結婚指輪のセミオーダー

2018年11月12日

幸せとチャンスを呼ぶ ダイヤハーフエタニティーピンキーリング

1本は持っていたい鉄板の ダイヤ ハーフエタニティーのピンキーリング
WEB限定ということで 品質、価格で大分 リーズナブルな価格設定にしています。

1.0mmと1.5mmのダイヤの2種製作しまして、1.5mmは大き過ぎず小さくも無い程よいサイズ。

1.0mmはダイヤが小さくて、なかなか量産品では見かけないんじゃないでしょうか?極細のダイヤの綺麗なラインは重ね付けや2本付けもいけます。

購入は→こちらから←

さて 今回の ピンキーリングのお話

古来より小指はチャンスの象徴とされ。
それは右手から入ってきて左から出ていくとも言われ、右手小指にするとチャンスを呼び込み左小指に身に着ければ その 幸運 恋愛 など 大事なものをとどめてくれるということですね。

右手(利き手)のピンキーリングは いろんな場面で存在感があります、つまりアイキャッチーなんです。逆に左手にするとき 例えば食事のときに対面に座るパートナなどには左手のピンキーはさりげなく魅力的に引き立て輝いてくれます。
なので実際に理にかなった身につけ方ともリンクしていますね。

 

 

2018年11月6日