洋彫り唐草を施した指輪が代表作に


アトリエビエンラをはじめて もう5年がたちますが、初めのころからハンドプッシュの洋彫りがうりで特徴でしたので施すことが多く ようやっと 5年 今ではこの唐草彫りを入れて欲しいとお問い合わせをいただけるようになりました・・・気づくとなんか代表的な感じにまでなってるな。

イタリアの彫刻はもっとひとつの単位が細かく繊細に彫ることが多いのですが、たくさんのお客さんとお話しながら少しずつ形をかえ大きくシンプルで日本の和彫りとの中間のような彫りあとを魅せる要素の入った唐草へと落ち着いています、写真のように唐草の下地に線彫りで半つや消し状態にして彫ることも多いです、彫りを引き立たせるためですね。

オーダーメイドを主にやって来ましたので、お客さんの意見を最大限取り入れ デザインが作り上げられていく今の感じは面白い流れだなと思っております。

彫刻に限らずデザイン的には、ほぼなんでも出来ますので いろいろお気軽にご相談下さいませ。